2013年04月25日

通販系の印刷

しばらく、撮影の仕事に集中していて、印刷業会の動向に疎くなっていたのですが、気がつくと通販系の印刷会社がものすごく増えて、価格も目が飛び出る程(!)安くなっていました。
プライベートで使うチラシを発注してみましたが、品質も納期も全く問題ありません。
ただ…。
印刷の知識がないと、つらい部分があるかなと…
イラレなどを使ったデザイン作業もそうですし、特に写真の4色変換は専門家にまかせないとまともな印刷にならないと思います。

通販印刷への出稿代行サービスやろうかな。

プロの技でハイクオリティな印刷を格安で!!





posted by yuki at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 印刷業務

2012年05月02日

お花見松本城パノラマ

久しぶりに作品としてパノラマを作りました。
結構大作になってしまった。
おそくなったけど、ちょっとはやい桜の松本城です。(なんのこっちゃ)

1日早かった松本城の桜パノラマ

基本Flashですが振り分けでipod、ipad対応しています。

あと、特筆は高解像度です。くっきりはっきり!!
posted by yuki at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 全周パノラマ

2012年01月23日

コダック!!

僕らにはなじみの深いアメリカの「フィルムメーカー」、イーストマンコダック社が経営破綻したそうです。

僕が駆け出しのころ、プロが使うフィルムはコダックが当たり前でした。
中学生のころから、モノクロフィルムといえばTry-Xが標準でしたし、プロになってからはEPRという、優れたリバーサルフィルム(主に印刷用のフィルム)に、大変お世話になりました。
ほかにERというフィルムがありましたが、プロが使うのはEPRです。
お察しだと思いますがEPRの「P」はプロフェッショナルのPです。
EPRはプロが使うことを前提に、徹底的に品質管理され、ロットごとのデータも公開されて非常に安心感のある提供のされかたをしていました。
(今思うと、後述する富士フィルムに比べて「安定感」は無かったのかな?)

その後、メイドインジャパンの富士フィルムのRDPの出現で、僕も乗り換えたのですが、RDPもクセがあるフィルムだったので、対象によってはEPRを併用する時期が結構長かったように記憶しています。
さらに、完全オールマイティなRDP2の発表で完全にコダックと訣別することになり、現在まで一本も使っていません。

本日のテレビ番組によると、経営悪化の原因はデジタル化への対応が遅れたため、とありました。
おや?デジカメのパイオニアといえばコダックじゃなかったかな?と思ったのですが、同番組では経営陣が「フィルム」にこだわり、デジタル事業を積極的には推進しなかったとの事。



「ばっかじゃねーの?」



どんなにお世話になったメーカーと言え、これは同情の余地がありません。
冒頭に括弧をつけて称号をフィルムメーカーと記したのは、完全に皮肉(イヤミ)です。
これから事業再生の作業をしていくようですが、素人目に見ても無理な話でしょう。

歴史ある、今まで大いに社会に貢献してきた企業がバカな雇われ経営者の手で消えて行くとしたらとても悲しいことです。


あ、皆様、本年もワイズ・クリエイティブをよろしくお願いいたします。
posted by yuki at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月05日

横浜DeNAベイスターズ

お久しぶりです。

どうやら、横浜の球団譲渡が正式に決まったようです。
その名は「横浜DeNAベイスターズ」。とりあえず、ジジイたちに擦り寄ったかたちですね。

DeNA社は、「横浜モバゲーベイスターズ」にしたかったようですが、ジジイ達の異論に逆らえず断念しました。

僕も「横浜モバゲーベイスターズ」はいかがなもんかと思いましたが(単純にカッコわりぃ!!って思っただけ。)、ジジイたちはくだらない理由をつけていちゃもんをつけていましたね。
そのなかに「売名行為」だという主旨の意見があったからびっくりです。宣伝広告と売名の区別も付かないジジイたち。

いまどき、プロ野球球団を持つということは、宣伝広告以外のどんなメリットがあるのでしょう?
ソフトバンクしかり、楽天しかり*1です。
球団経営のみで、黒字になってる球団は知りませんが*2、ほとんどは親会社の広報部的な意味が強いでしょう?
それが、売名行為なんて言われたら、世の中にある宣伝広告活動はすべて売名行為です。

*1その楽天、三木谷なんちゃらも『オーナー会議は全会一致が原則』とか、何の根拠も無い理屈を持ち出して参入阻止しています。
*2数少ない黒字球団の一つの親会社は、広告収入が無くなったらとても困ると思われる紙媒体です。どの口がそう言うんでしょうね?


まあ、DeNA社は「Yahoo!Japan」のSoftBankがそうであったように、すでに確立しているブランド名「モバゲー」の認知度アップを図るより、だれも知らなかった社名「DeNA」の知名度を上げるほうが結果的によかったんじゃないですかね?知名度によるビジネス展開は無限に広げる事が可能になったのは確かだと思います。
posted by yuki at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月02日

『全周パノラマ』はじめました。

久しぶりにワイズ・クリエイティブのお仕事の記事です。

タイトルの『全周パノラマ』とはなんでしょう?
昔から「パノラマ写真」というものはあったのですが、そこはWeb2.0の時代。気が付けばすごいことになっていました。
わかりやすい例でいうと、Googleの「ストリートビュー」です。

はじめて依頼があったときは、「カメラマンの仕事じゃないなぁ」なんて思ったのですが、Web制作もかじる身としてはインタラクティブなコンテンツには興味があったので、軽い気持ちでやってみることにしました。
ところが実際やってみると思いの外むつかしい…。きっちりとつながらないんです。
ここで技術屋魂に火がついてしまいました。試行錯誤して技術が向上するにつれ「つながる快感」があったりして。
調べてみるとWeb上には秀逸な作品も公開されていて、クリエイターとしても熱くなれる表現手段だと感じ、一気にハマってしまいました。

そして、作例。クリック↓
pano_nawate.jpg

楽しいでしょ?
いろんなことに使えると思います。

お問い合わせはコチラ
posted by yuki at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 全周パノラマ

2011年05月09日

浜岡原発停止

中部電力唯一の原発、浜岡原発が停止されることが決まりました。
中電社長が「わざわざ」記者会見に出て来て「苦渋の表情」を浮かべていましたが、当然ポーズにすぎません。
ご丁寧に、赤字になるかも…とアピールしたり、東京電力管内への供給をストップするぞと脅したりするのも保証金を政府に請求するための布石でしょう。

中電は痛くも痒くも無いと思います。もともと総発電力の一割しかない浜岡を止めても、当面は管内の電力は不足しない事を見越しての決定でしょう。(じゃなければ住民の意向なども勘案されるべきですからね。)必要と言えば代替発電所の建設だって、政府が勝手にやってくれるでしょう。
訴訟なんかも抱えていて、本当は原発をやめたくてしょうがなかった中電にとっては管総理の「お言葉」は渡りに舟だったんじゃないかな?
原発を採用する唯一無二の理由は「低コスト」のはずだったのに、実は完全な利権構造だったのがバレ、今回の事故で、最高にコストがかかるシステムだということがバレた今、中電が原発に固執する理由はありません。
問題の東京電力も副社長が10人位いたりして。どの口がコストを語れるんだ?と思っていましたが、今、調べたら中電も4人いた!!どこにそんな純民間企業がある!
本当は電気代なんて、半分で済んでいたんじゃない?

何かおかしいですよね?絶対何かがおかしい。管総理のお言葉も、何かの力が働いている気がするぞ。っと
posted by yuki at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記